楽譜のダウンロードとコンビニ印刷✨最新ヒット曲から絶版の楽譜まで、1曲110円から!
🎸

ニューヨーク・シティ・セレナーデ 映画『ニューヨーク・シティ・セレナーデ』主題歌   ベース・ソロ譜   / 提供: リットーミュージック

お気に入り

¥330

¥220

原題
Arthur’s Theme(Best That You Can Do)  
作詞
   
作曲
Burt Bacharach / Carole Bayer Sager / Christopher Cross / Peter Allen    
編曲・アレンジ
渡辺 直樹    
楽譜の種類
🎸 ベース・ソロ譜    
楽譜提供元
リットーミュージック  

この曲・楽譜について

楽譜集「ソロ・ベースのしらべ ベスト・セレクション」より。
1981年8月14日発売のシングルです。
歌詞なし、TAB譜付きの楽譜です。最初のページに演奏のアドバイスが記載されています。演奏レベル:初級。
音源は、模範演奏音源です。
■編曲者コメント:もともとは映画『ミスター・アーサー』の主題歌としてヒットしましたが、その後もテレビやラジオでよく耳にする曲で、もはやスタンダードと言えるでしょう。「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」というのは実は邦題で、このタイトルで親しまれているのは日本だけです。原題は「ARTHUR'S THEME」というのですが、邦題のほうが曲の雰囲気に合っている気がしますね。メロディが美しい曲なので、とにかく雰囲気作りを大事にしてほしいと思います。また、メロディとバッキングがアレンジのなかで一体化しているので、そこにも注意が必要です。それぞれの音の使い分けを意識しているのとそうでないのとでは、聴こえ方がだいぶ変わってきます。原曲も参考にして、気持ちよく歌うように弾くことを心がけてください。?:とにかく雰囲気を重視してほしい曲の導入部分です。1弦17フレットからスライドしつつ9フレットまで降りてきたあとに2弦開放を鳴らし、人差指で1弦11フレット、中指で3弦12フレットという音が混ざって、最終的に3和音として響きます。この一連の流れをなめらかに弾くことが大事です。特に9フレットから11フレットへはスライドしつつピッキングしますが、このニュアンスが重要な役割を果たしていることに注意してください。?:和音は指をしっかり開いた状態をキープし、フレーズがきれいに下降していくように練習してください。また、次の小節に入る際に3弦開放をミュートすることを忘れずに。?:多少運指が厳しくなりますが、前小節から押さえている1弦16フレットの小指を離さないように気をつけましょう。  

【参考音源の購入方法】「ダウンロード」のボタンを押したあと「参考音源」を選んでください。
キーワード
ジャンル
洋楽(POPS・ROCK)  
作成法
データ
テーマ
映画主題歌・挿入歌  
年代
1980年代
ページ数
2 ページ
サイズ
163.11KB
掲載日
2021年10月29日

コンビニ印刷 非対応

最新!ドラマ・映画主題歌・CMソング楽譜特集

カートに追加

ニューヨーク・シティ・セレナーデ

ベース・ソロ譜  

¥330

¥220

コンビニ印刷 非対応

ダウンロードとコンビニ印刷の違い?
ページトップへ